堀江小日記

薬物乱用防止教室:6年

1月17日(木)、6年生は体育館で「薬物乱用防止教室」を行いました。講師として四国厚生支局麻薬取締部の方にお越しいただき、子どもたちは講師の方のお話に真剣に聞き入っていました。

   

スクリーンに映り出された画像をもとに、薬物乱用がどれだけ恐ろしいものであるかが細かく説明され、身も心もボロボロになると強調されました。また、「薬物は1回で終わらない。1回目を使わない。自分の体を守ることが友達や家族を守ることに繋がります!」と繰り返しお話しいただきました。講演後には子どもたちからたくさんの質問が出され、丁寧にお答えいただきました。保護者の方にも御参加いただき、「大麻の検挙率が四国でかなり増大していることがショックです。」と感想をいただきました。