堀江小日記

ママーズホーリー お話会

10月4日(木)は、昼休みにママーズホーリーのお話会がありました。紙芝居あり、スライドショーあり、音楽ありのとても素敵なお話会でした。子どもたちの顔はほっこり笑顔でした。ママーズホーリーのみなさん、ありがとうございました。次回も楽しみにしています。

  

わくわく・どきどき町探検(2年生)

10月3日(水)、天気に恵まれ2年生は、たくさんの保護者に見守られて、堀江の町の素敵を見つけに町探検に出かけました。幼稚園や、保育園、お店や温泉、公園たくさんの場所をグループに分かれて探検しました。

快く探検させていただきインタビューに答えてくださった施設の方々、温かく見守ってくださった保護者の方々、本当にありがとうございました。今後は、探検した場所についてグループでまとめを行い、それぞれのコースで見つけた堀江の素敵について発表会を行う予定です。

   

   

  

  

  

 

RNBこども音楽コンクール

9月29日(土)に、愛媛県生涯学習センターで行われた「RNBこども音楽コンクール」に、本校の金管バンド部が参加しました。この大会で金賞に選ばれた学校の中から2校が、愛媛県の代表として、西日本大会に出場します。堀江小金管バンド部は、この西日本大会出場出場を目標に、練習を重ねてきました。

演奏した曲は「天のまなざし」です。朝の練習では緊張しているようでしたが、会場で音出しをするころには、気持ちを高めて集中して練習していました。本番では、それぞれの楽器の音が1つになり、すばらしい演奏をすることができました。 

結果は、みごと金賞!そして、西日本大会出場も決定しました。結果を聞いた子どもたちは、大喜び。中には、涙する子どももいました。これまでの努力が報われたことを嬉しく思います。

西日本大会は、12月に大阪で行われます。本番までの練習でしっかり力をつけ、さらにすばらしい演奏をしてくれることを楽しみにしています。

 

代表委員会「笑顔カードの工夫について」

9月27日(木)の昼休みに、はくさんルームで代表委員会が開かれました。議題は「全校のみんなが笑顔カードを書く工夫を考えよう」です。もっともっと明るい堀江小学校にするために、笑顔カードの取組を続けるか、続けるならどんな工夫が考えられるかを話し合いました。「友達のよさを見付けたり、親切にしてもらった友達にお礼を伝えるために、笑顔カードを続けたい」という意見が多く出されました。そして、みんなが笑顔カードを書くことができるための工夫について、今まで各学年の廊下に置いていた笑顔カードを各教室に置いたり、運営委員会が行う笑顔カード紹介の放送を希望制にしたりしてはどうかなどの意見が出てきました。これらの意見を基に、運営委員会がさらに話し合い、これから取り組むことを決めていきます。最後に、人権教育担当の先生から、全校のみんなでなかよしの木の掲示を作ることが提案され、笑顔カードの取組と関連させることになりました。堀江っ子のみんなが友達を大切に思い、互いによさを見付け合うことで、もっと明るい学校生活を目指していけるといいですね。

新体力テストをしたよ(1年生)

9月26日(水)・27日(木)に、1年生は新体力テストを行いました。26日には、運動場で行う種目(50メートル走、立ち幅とび、ソフトボール投げ)を2年生と一緒に測定しました。縦割り班で10人程度のグループを作り、2年生が先頭で各種目を回っていきました。1年生は2年生のまねをしながら、思い切って走ったり跳んだり投げたりしました。27日は、体育館で反復横とびと上体起こしの測定をしました。計測の補助をしてくれた6年生が、「がんばれ。」「◯回だったよ。すごいね。」などと声を掛けてくれました。練習したことを思い出して、よい記録を残そうと力一杯頑張りました。